スプライトの優先順位に取り組む

公開:2012-04-30 16:42
更新:2017-09-20 21:18
カテゴリ:シューティングゲーム,directx,c++/cx,xaml,windows,c++,ゲーム,ゲーム製作

SimpleSpriteサンプルをベースにZバッファを使ってスプライトの優先順位を設定できるようにコードを変更し始めた。

HLSLまわりをいじってZバッファーに指定した値を書き込めるようにすればよいのかな?

SimpleSpriteサンプルはテッセレーションの機能を使って、XY座標1個とスプライトサイズを与えるだけで描画に必要な4頂点分の座標をGPUで生成するようになっているみたい。なかなか面白いサンプルだ。2DスプライトエンジンのエミュレートがGPUだけでできる時代がやってきた。

VS12からHLSLコードもいっしょにコンパイルできるようになったのがうれしいね。