タブダイアログのクラス化

公開:2011-12-26 07:24
更新:2017-09-20 21:18
カテゴリ:wasapi,c++,dawもどきの作成,windows,audio,windows api

シーケンサ部分を作る前にタブが増えてきたのでタブ周りのコードを整理することにした。

タブコントロールはタブ内に表示されるものはすべて自前で作成する必要がある。タブは切り替えてくれるけれど、タブの中身は切り替えてくれないのである。私は「How to Create a Tabbed Dialog Box」に倣ってタブコントロールの挙動に応じでダイアログを切り替えている。タブの中身はダイアログである必要は無いのだけれど、UI作りが面倒になるのでダイアログにしている。

整理といってもタブ+ダイアログのコードをクラス化し、簡単に実装できるようにしたのみである。結局プロパティシートに近いものになってしまった。プロパティシートでもいいような気もするが、自由度がないとか何か制限があってこっちを選んだと思うが正確な理由を忘れてしまった。プロパティシートだとリサイズとかも適当にやってくれるので便利なのだが。