Web Audio APIのモジュラー接続デモを作ってみる(10)

公開:2015-11-15 18:50
更新:2017-11-15 21:58
カテゴリ:web audio api,javascript,html5,audio,webaudiomodular

シーケンサーの実装を進めている。ようやく音が鳴るようになったところ。まだ編集画面はないし、考慮不足の部分もあるだろう。これから機能追加を進めていく。画面はJasmineのテスト画面にUIを表示してみているところ。

https://68.media.tumblr.com/76f59852eff17bb2647c78a9666401be/tumblr_nxunz4o5yD1s44dwzo1_1280.png

シーケンサーはMC-4に敬意を表して4CHとした。CH数を増やしたければ複数シーケンサーを追加すればよい仕様にしてみた。

エディタとしてはMC-4やSTED2を参考にした、ほぼキー入力で済むようなものにしたいと思っている。もちろんGUIでもアシストするんだけど、基本はキー入力ですべてできるようにするつもり。まあ昔ながらのステップ入力で、無味乾燥なものになる予定。Undo/Redoも実装したいけどね。このままelectronに移行して、データ保存可能にしてデスクトップ・アプリにするのもいいかなと思っている。あとMIDI INとかも実装して入力を楽にできるようにしたりしようかなとも思っている。

ここからは少し時間がかかるかもしれない。何せ私にとって鬼門である部分だからね。JSの適度ないい加減さのおかげで、ここまでなんとか実装できている。私としては過去何度か挫折している部分なので、何とか年内に形にしたいところだ。

ここでの成果をYMO GIGA CAPSULE Viewerに反映させるつもりだったんだけど、これがメインになりつつある。