丸栄製菓にて夢のようなお菓子「揚げこんぶ」を発見した話

公開:2017-08-20 18:42
更新:2017-09-22 05:40
カテゴリ:日記,お菓子,丸栄製菓

先々週関西に帰省した。
その時に丸栄製菓という、大和高田にあるお菓子屋さんに行った。
いつも嫁だけがこの店に行っていて、いつか行ってみたいと思っていたのがついに願いがかなったのである。。

この丸栄製菓は昔ながらの「あられ」を作っている老舗のお菓子屋さんらしい。私たちはここで売っている「えびマヨネーズ味」のあられがお気に入りである。

結構な量の「おかき」が入っていて値段は540円である。安い。。

でまあほかにもいくつか種類があるんだなあ..と棚を覗いていたとき、それを発見した。

これである。最初発見したときは目を疑ったが。。

揚げこんぶである。。
揚げこんぶだけの袋が売っているのである。。

「お好み」という複数のおかきや、揚げた豆、せんべいなどが入っているものがある。その中にいつも黒く違和感のあるものが混じっている。それが「揚げこんぶ」である。 「揚げこんぶ」は子供が好む味ではない。私も子供のころは敬遠していた。そしていつも最後のほうに固まりで残ってきて、食べるものがないのでやむなく食すものであった。
だが年齢を重ねるとこの「揚げこんぶ」がたまらなく美味しく感じるようになった。今ではこの「揚げこんぶ」だけをさきに食べてしまうほどなのである。

なので私はこの袋を見て狂喜乱舞である。なにせ「揚げこんぶ」100%で、たっぷり入っているのだから。。
私が思うに、この「揚げこんぶ」が単体で売られているということは、「揚げこんぶ」愛好者が少なからずいるということの証左である。ニーズがないとこんな袋は売られるはずがないからである。でもこんな「揚げこんぶ」だけの袋はおそらくここでしか売っていないのではないだろうか。

実家から帰ってきて思う存分「揚げこんぶ」を食べた。うまい。。うますぎる。。しかもヘルシーっぽいし。。
油で揚げているからわからんけど。。

今度帰省した時も必ず買って帰ってくることにしよう。