node 8.5.0で--experimental-modules付きだがESMが使えるようになった

公開:2017-09-15 06:37
更新:2017-09-22 05:40
カテゴリ:es6 modules,ESM,.mjs,node

node.js 8.5.0でオプション付きでes modulesがサポートされた。

Add support for ESM. This is currently behind the --experimental-modules flag and requires the .mjs extension. node --experimental-modules index.mjs #14369

フラグ付きでもESMが利用可能になったのは、はnode.jsにおいて最大の課題であったESMとCJSを識別する方法が決着したからである。

.mjs とは何か、またはモジュールベース JS とエコシステムの今後 | blog.jxck.io

.mjsによってESMとCJSが識別できるようになり、ESMとCJSの相互運用問題が解決された。

これによってnode.jsのHostResolveImportedModuleの仕様が固まり、実装されたのだ。

HostResolveImportedModuleについては過去調べたことがあった。
ES2015 ModuleのLoaderの件
ESではimport a from "xxx"の"xxx"は環境依存で、それぞれの環境でHostResolveImportedModuleを実装する仕様になっている。

下のドキュメントを読んでポイントをつかんでおこうと思った。

ES Module Interoperability

上記を参考にしたと思われる良記事があったのでそれも読んだ。

2017-08-31 Node.jsのES Modulesサポートの現状確認と備え

読後今後どうすればよいかをまとめると

だろうか。

ブラウザ側は今のところフラグなしでESMをサポートしているのはChromeとSafariだけのようなので、フォールバックはしばらくは必要ですな。。 nodeはESMもCJSも読み込めるし、ライブラリを提供するのでなければもう.mjsでいいかなと。。

あとdynamic import (import())もサポートされているようなので試してみようかな。。