boostrapのカスタマイズページでのカスタマイズ結果を再び読み込ませる

公開:2014-06-29 08:36
更新:2017-07-29 13:17
カテゴリ:bootstrap,boost

Bootstrapがバージョンアップした。

さっそくバージョンアップしたいと思ったがカスタマイズページでCSSをいじっている。しかしどこを修正したか忘れてしまった。手元にはカスタマイズ時の.zipファイルがあるのみだ。困った。。

ググッたところ、zipファイル中にあるconfig.jsonにカスタマイズされた情報が入っているので以下の手順でカスタマイズページに読み込ませることが可能であることがわかった。

  1. gistにアクセス
  2. config.jsonの中身をコピペする
  3. ファイル名はconfig.jsonとして保存
  4. ブラウザでhttp://getbootstrap.com/customize/?id=(gistid) でカスタマイズページにアクセスする。gistidはgist urlの末尾のID(例 https://gist.github.com/sfpgmr/cdbb0ad328f1dcd455ee)を指定する。

これで新バージョンのカスタマイズが旧バージョンのカスタマイズパラメータでできそうだ。