Box2D + WinRTでゲームを作る (4) – 動画出力できるようになった。

公開:2013-05-26 15:39
更新:2017-09-22 05:40
カテゴリ:direct2d,シューティングゲーム,directx,windows store apps,media foundation,box2d,windows,c++,audio,ゲーム,windows api,box2d + winrtでゲームを作る,ゲーム製作

今週はWeb上のDirect3D、Media Foundationのリソースを参考にしながらコードを書いていた。まあなんとかスワップチェインの内容を動画出力できるようになった。

ソースコード

ここで考えた手順でほぼうまくいった。 一応720p/30fpsでの出力はできている。今後のゲームの進展によっては厳しくなってくるかもしれない。今回でDirect3D11とMedia Foundationについて少し理解が深まったように思う。次はBox2DのオブジェクトをDirect3Dでレンダリングできるようにしようと思っている。あとあれだな、Box2Dエディタ的なものも作らないといけないな。