Native Client - XMPlayer (6)

公開:2011-04-03 09:12
更新:2017-09-22 05:39
カテゴリ:web,nacl,xm player,javascript

ファイルロードの進捗状況をプログレスバーで表示したり、演奏位置を表示したりしようとしているところ。

Native Clientはローカルファイルを読むことはできないけれど、サーバのファイルはpp::URLLoaderで読み込むことができる。geturlサンプルはこれを使った例である。その中にあるGetURLHandlerクラスはHTTPのGETでURL指定したファイルをURLLoaderで読み込み、読み込んだ結果をJavsScriptにレポートする。このクラスに今改造を加えているところである。

これが終わったらJavaScript側にプログレスバーを加えてファイルのロード状況を「見える化」する。