STed2いじり(22) Direct2D化 - みかちゃんフォント

公開:2010-11-24 20:42
更新:2017-09-22 05:39
カテゴリ:windows,direct2d,sted2,c++,audio

滞り気味。
すこしWindows Core Audioに惹かれているのと、BitBltを使ったテキストの反転処理を手をかけないでDirect2Dに持っていけないかなとか思案しているからである。

GDI関数もDirect2Dのレンダーターゲットに使用できるので、そのままでもいいんだけれどソフトウェア描画になるのと、レガシーなAPIを極力残したくないとの思いがあるのでそれはあまりやりたくない。でもビットマップに対する演算はBitBltのほうがDrawBitmapよりもいろいろできるのでそれをやろうとすると自前でビットマップを反転させる必要が出てくる。自前でやるくらいならBitBltでやればいいじゃないか。どっちみちソフトウェア処理だし。でもそうするとレガシーAPIを使うことになるのであまりやりたくないなあ。。という感じで頭のなかが堂々巡りになっている。

息抜きにDirectWriteで直接フォントファイルを読み込み表示する方法をチェックしていたけれども結構面倒くさそうな感じである。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd941710(v=VS.85).aspx

道のりは遠そうなのでとりあえず普通にフォントをインストールし、使ってみた。
フォントは手書きフォントの「みかちゃん」。

20101123.PNG

BitBlt問題を解決した後、フォントファイルの直接ロード・表示に取り組もうかな。。。