YMO – Nice Age をカバーする (5)

公開:2013-11-11 21:41
更新:2017-09-22 05:40
カテゴリ:buzz,audio,windows,tracker,ymo

イントロのシーケンス音色とか右のギター音をDVS Guiterにしたりといろいろ試行錯誤している。まあでもまだいまいちな出来である。

なんかちょっと歌を入れないと全体の音のバランスがよくわからなくなってきたので、仮歌を入れてみた。仮だが一応エフェクトをかけてみた。ピッチシフターとKerobeeである。Kerobeeでケロケロしたかったのだがいまいち使い方がよくわかっていないので結局ピッチ・シフターの使い方の域を出ていない。面白いエフェクトにしたいのだが。

ボーカル録りはどうしているかというと、Buzzのトラックを一旦WAVにエクスポートしAudacityにインポートして、それに合わせて歌ったものをAudacityでダイナミクスだけを調節してエクスポートし、さらにBuzzに取り込んで再生している。BuzzにもWaveinはあるけれども、昔使ってみて使いものにならなかったので今のところこうしている。

エフェクトをたくさん使用しているのでかなり重くなってきた。Polac VSTにはFreezeの機能があるのでこれ使うと負荷低減できそうだ。使い方は全然わからないが研究してみようか。