ビートルズと私

公開:2015-11-11 21:22
更新:2017-09-22 05:40
カテゴリ:音楽・動画,audio

ビートルズは私がYMOにハマる前に、中学時代にハマっていたバンドである。すでにビートルズは解散していたけれども、何かのCM(ガムだったと思う)がきっかけで再ブームとなって、TVやFMラジオでよく流れていたからだと思う。 1977年~1979年くらいの頃だろうか。

それまでは邦楽を聴いていたけど、そのかっこよさというか音楽性の高さはやはり段違いで、とても感動したのを覚えている。それから程なく東芝EMIから発売されている赤いラベルのカセット・テープを2本ほど買った記憶がある。初期のころのコンピレーションと、サージェント・ペパーズだったと思う。テープなのは家にはレコード・プレーヤーがなかったから。東芝のステレオ・カセット・デッキを買ってもらってから1-2年後のことだったと思う。文化祭でも「プリーズ・プリーズ・ミー」をなぜか合唱で歌う機会があって、とても恥ずかしかったのも覚えている。

それからレット・イット・ビーとかいろいろ聴いた。でも全曲聴いたかというとそうじゃないんだよね。聴いてない曲は半分くらいあるのではないだろうか。

好きな曲はというとまず「イエスタデイ」。子供のころにみたNHKのTVドラマで、設定がビートルズを聴くのが法律的に禁止されている世界で、そこで法律を破って聴いていた曲がこれだった。調べてみるとNHK少年ドラマの「その町を消せ」というドラマらしいね。そのドラマと紐づいていて、なんとも切ない気持ちになるのがこの曲である。ドラマの内容は覚えていないんだけど、ターンテーブルがクローズ・アップされる映像が浮かびあがってくるのだ。この曲を聴くとね。

後は、

などなど。まあ挙げだしたらきりがない。

ビートルズのおかげで、洋楽に抵抗がなくなり、いろいろな曲を聴くようになった。でもローリング・ストーンズは手が出なかったなぁ。