PCゲームのシェアがコンソール(ゲーム機)を抜いたというのは本当?

公開:2016-02-10 22:20
更新:2017-09-22 05:40
カテゴリ:ゲーム

ウィキペディアより。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

2015年現在、世界ではPCゲームはコンソールゲームを超える市場規模を形成しており[2]、今後もモバイルゲーム(スマートフォン)と並んでコンピュータゲーム市場の成長の牽引役となることが予測されている[3][4]。

この話は本当なのだろうか。データによる裏付けがほしいなと思った。 ウィキペディアには下記へのリンクが貼ってあった。

http://doope.jp/2014/0433224.html

この記事によるとPCRが米大手調査会社DFC Intelligenceの調査により判明したと書いてあった。でそのPCRの記事は下記である。

http://www.pcr-online.biz/news/read/pc-games-have-surpassed-console-games-globally/033849

この記事からさらに下記記事へのリンクがあったのでたどってみる。

http://www.pcper.com/news/Editorial/PC-Gaming-Surpass-Console-Gaming-Revenue-2015

上の記事の中に下のグラフがあった。

http://www.pcper.com/files/imagecache/article_max_width/news/2011-09-22/games2.png

おお、これか!と思ったがこれは予測値であった。 もう一つの記事へのリンクは下記であった。

http://www.gamesindustry.biz/articles/2014-01-28-pc-gaming-market-to-exceed-USD25-billion-this-year-dfc

しかしこの記事は2014年に250億ドル(1ドル100円として2兆5千億円)を超えるだろうという記事であった。実績値ではなかった。実績値というのはどこにあるのだろうかねぇ。