LR独立型ディレイを作る - REAPERのJSFXでエフェクトを作る(3)

公開:2016-07-31 09:00
更新:2017-11-15 21:58
カテゴリ:reaper,jsfx

LR独立型ディレイも作ってみた。私は音色に左右の音の広がりを持たせたい場合に使う。左80ms・右60msくらいのディレイを設定してミックスすると音が左右に広がったように感じる。

JSFXコード

前回の記事のコードをベースに、左右独立してディレイタイムを設定できるようにしただけである。 https://blog.sfpgmr.net/entry/2016/07/30/183810

desc:SF:Delay LR

slider1:500<0,1000,1> Left Delay Time (ms)
slider2:500<0,1000,1> Right Delay Time (ms)
slider3:50<0,100,1>FeedBack (%)
slider4:50<0,100,1>Wet (%)
slider5:50<0,100,1>Dry (%)

@init

indexL = 0;
indexR = 0;

@slider

wet = (slider4 / 100);
dry = (slider5 / 100);
bufSizeL = slider1 / 1000 * srate;
bufSizeR = slider2 / 1000 * srate;
feedback = slider3 / 100;

@block

@sample

l = spl0;
r = spl1;

indexRtemp = indexR + bufSizeL + 1;

spl0=l * dry + indexL[0] * wet;
spl1=r * dry + indexRtemp[0] * wet;

indexL[0] = l + indexL[0] * feedback;
indexRtemp[0] = r + indexRtemp[0] * feedback;

(indexL+=1) >= bufSizeL?indexL = 0;
(indexR+=1) >= bufSizeR?indexR = 0;

これもそんなに複雑なコードではないが、JSFXだとサクッと作れてすぐ使えるので、非常にストレスがなくてよい。