Blenderを学びながらキャラクターを作る

公開:2017-10-29 16:21
更新:2017-11-15 21:58
カテゴリ:シューティングゲーム,ゲーム製作,HTML5,ES6,JS,Blender

シューティング・ゲームのコードをいじっているうちに、やっぱり最終的には2D縦スクロールにもっていきたい思いが強くなってきた。

ただ一番の問題はグラフィックである。自機をはじめ敵キャラクターを量産せねばならない。しかし私には絵心がない。なのでDOGA-CGAのキャラクターをBlenderに持ってきて、それをthree.jsで表示することを試したりした。 がやっぱりいちからキャラクターデザインを行いたい欲求も湧き上がってきて、結局Blenderでちゃんとキャラクターを作ろうと思い立ち、ここ10日ほどBlenderの使い方を習得すべく四苦八苦しているところである。

Blenderはおそらく2000年代前半から使っているのだが、一向に上達しない。ちょっと覚えては忘れ、覚えては忘れ...を繰り返している。その間Blenderはどんどん高機能化し、高クォリティなアニメーションまで作ることが可能となっていた。。

私の場合Blenderではモデリングまでをやって、レンダリングはthreeでやろうかなと思っているので、とにかくモデリングに関する知識を詰め込もうとしている。しかしなかなか覚えることができないんだな。これが。。それでも必須ショートカットはなんとか覚えて、簡単なモデリングはなんとかできるようになったのだが。

Blenderでキャラクターをモデリングして、それをthreeでレンダリングし、一定の大きさ(16x16とか32x32とか)でビットマップ化する。それをスプライトデータとして読み込んでゲーム中でアニメーションさせようかなと。昔風に16方向くらいでレンダリングしてカクカクしたグラフィックを再現できればなあ。

でもここまでやるんだったら、そのままキャラを3Dでレンダリングしてもいいような気もするな。。