帯状疱疹

公開:2019-04-14 20:15
更新:2019-04-14 20:15
カテゴリ:帯状疱疹

先週あたりから、右胸の下あたり虫刺されのような発疹ができた。ちょっと市民の森を散歩して藪の中に入ってしまったので、ブヨだかアブだかに刺されたのかな?と思っていた。最初はちょっとかゆい感じがした。

翌日になると今度は発疹の部分が痛み出した。表面が服に触れるとピリピリした痛みが走る。痛みがあるとするとハチとかなのかな?と思いつつ、市販の軟膏を塗るとすごく痛い。これはおかしいなと思いつつも様子を見ることにした。

さらに翌日になると今度は右胸から脇、そして発疹部位の反対、背中あたりまで広範囲にピリピリした痛みが走るようになり、異様に体がダルく感じるようになった。これはちょっとおかしいということでネットで調べるとどうも「帯状疱疹」っぽい感じ。すぐに医者に行くほうがよいとのことなので、皮膚科に行くと「帯状疱疹ですね」と確定。

「帯状疱疹」というのは潜伏している水ぼうそうのウィルスがなんらかの原因で体の免疫力が低下すると活性化し、神経を侵す病気らしい。神経に沿って帯状に発疹ができるのでこういう病名がついているのだな。ほうっておくと「帯状疱疹後神経痛」という後遺症になる可能性があるので早めに受診することが望ましいとのこと(発疹発生後72時間以内に皮膚科に行く)。私の場合は発疹が極めて局所的だったので虫刺されだとばかり思っていたから医者に行くのが遅れてしまった(発疹が出てから6日)。

現在は水ぼうそうの抗ウィルス薬があるそうで、72時間以内にその薬を飲めばまあそんなにひどくならず治すことができるようだ。私の場合はちょっと遅かったけども、まだ発疹が初期の段階なのでその薬(アメナリーフ)を処方してもらうことにした。だがこの薬、とても高い。保険の対象だけど6-7千円かかる。私はこんな高い薬を飲むのはたぶん生れて始めてだ。

おじさん~おじいさんの年代ではまあポピュラーな病気なんだけど、加齢を感じる病気でもあるので、まあ順調に歳を取っていってるし、それなりに病気も増えてくるだろうなあとか思うとちょっと憂鬱だけど、まあしょうがないかな。。歳だけには勝てないからね。。